透水性舗装の特徴

 

 

透水性舗装とは文字通り、水の浸透性が高くそして乾きやすいという特徴があります。

 
これにより大雨の時でも道路に水たまりができるようなことを防ぎ、ハイドロプレーニング現象など、最悪自動車の制御が効かなくなる現象を避ける事が可能になります。

 
また、水が乾きやすいため雨天時の夜間でも比較的光の乱反射が抑えられ、視認性が良くなります。

 
加えて、自動車の雨天時におけるブレーキ性能も乾いた路面に比べると若干劣りますが、通常のアスファルトよりも高くなっています。

 
現在ではコストの面などで若干の問題があり、アスファルトに比べ割高になってしまうので、使用されている道路区間は一部になっています。

 
またその多くは歩行者用道路に使用されており、一般道路での使用はまだまだ実験段階の状態です。

 
また、透水性のため、その下の地盤が削られやすくなることから、一般の道路に使用するには強度の面においてもやや不安な点が残ります。

 
このような水を吸収したり、水はけを良くするための技術は、自動車の道路環境を改善するためにはとても重要なことです。

 
今後ますます技術が発展し、簡単に生産できるようになればアスファルトに変わるそざいとして活躍すると考えられています。

コメント