地点標とは

 

 

地点標は、国道などの起点からの距離を示している標識のことで、路肩や歩道の脇などの車の交通の邪魔にならないような場所に設置されています。標識には、起点からの距離1kmごとに設置された「キロポスト」と、100mごとに設置された「100メートルポスト」の2種類があります。
標識の表示内容は、国道番号と起点からの距離の2種類のみを記したものが最も簡素な種類で、この他に起点のある場所の地名などもあわせて表示したものもあります。標識の下には、標識が立てられている場所を示した標識や、道路情報の連絡先が書かれた標識などが設置されていることもあります。
キロポストや100メートルポストは、道路管理者が道路の維持・管理をするために設置していますが、警察や消防などは現場の位置を確認するための手がかりとして利用しています。山道や海沿いなど、周囲に特に何も目印となるものが無い場所で車の事故や故障があった場合、警察や消防などに連絡しても現在地を正確に伝えるのは非常に困難です。しかし、近くに起点からの距離がわかるキロポストや100メートルポストがあれば、事故や故障の起きたおおよその位置を把握することができ、現場へ向かって迅速な対応をとることができます。

コメント