排水性舗装の特徴

 

 

道路のアスファルト舗装には実は種類があります。
それは水を通すか通さないかという違いがあります。
これまでの舗装路は水を通さない舗装が一般的でした。しかし水を通さないということは道路面に水が溜まってしまうことになります。
道路上に水がたまってしまうと、やはり事故などにつながるケースが多くなります。ひとつは水しぶきです。前の車からの水しぶきが飛んでくるために前が見えにくい状態になります。大型車が前にいるとなおさら見えにくい状態となり事故につながるケースがあります。
もうひとつはハイドロプレーニング現象と呼ばれるものです。高速道路などで高速走行時に、水たまりがあると水を排出できない状態で水面を走っているようになりスリップしてしまうことがあります。
このように雨天などの安全性をより高めるために、最近は排水性舗装という水を通す舗装路が施されるようになってきました。
これは隙間のできる大きな粒のアスファルトを施して雨天の時など、水を隙間に浸透させて排出させるというものです。
また透水性舗装路というものもあり、これは浸透下水を排出するのではなく、そのまま路床に染み込ませるというものです。
これによって水しぶきが飛んだり、水たまりができるということが少なくなり、安全性が高まります。

コメント