地点標と水準点の違い

 

 

地点標とは、国道に設置された標識のことで、1kmごとにあるキロポストと100mごとにある100m標の2種類があります。

 

表示されている内容はそれぞれ異なりますが、国道番号とその起点からの距離を表示している場合が多いです。

 

ほかにも、地名などを表示している場合も多いです。そういった面から、事故などが起こった際の目印としても利用出来たり、移動場所への時間を予測することにも利用出来ます。さらに特徴として、上りの場合には標識の数字が小さくなり、下りの場合には数字が大きくなるために、走行方向をチェックする場合にも活用することが出来ます。

 
一方の水準点は、地図などを作る際の高度測量の基準となるもので、国道に約2㎞おきに設置されています。これは主に、水準点が設置されている土地の変動を調べるときに便利なもので、地盤沈下や地震の予測などにも利用されています。また、水準点は長期間の設置が必要なため、なるべく堅固な地盤を選んで設置されています。別名ではベンチマークと呼ばれており、国土地理院が設けています。

 
このようにこの二つの標識の違いは、距離を表している標識と高度を表している標識という点の違いが特に大きいと言えるでしょう。

コメント