排水性舗装の特徴

 

 

道路のアスファルト舗装には実は種類があります。
それは水を通すか通さないかという違いがあります。
これまでの舗装路は水を通さない舗装が一般的でした。しかし水を通さないということは道路面に水が溜まってしまうことになります。
道路上に水がたまってしまうと、やはり事故などにつながるケースが多くなります。ひとつは水しぶきです。前の車からの水しぶきが飛んでくるために前が見えにくい状態になります。大型車が前にいるとなおさら見えにくい状態となり事故につながるケースがあります。
もうひとつはハイドロプレーニング現象と呼ばれるものです。高速道路などで高速走行時に、水たまりがあると水を排出できない状態で水面を走っているようになりスリップしてしまうことがあります。
このように雨天などの安全性をより高めるために、最近は排水性舗装という水を通す舗装路が施されるようになってきました。
これは隙間のできる大きな粒のアスファルトを施して雨天の時など、水を隙間に浸透させて排出させるというものです。
また透水性舗装路というものもあり、これは浸透下水を排出するのではなく、そのまま路床に染み込ませるというものです。
これによって水しぶきが飛んだり、水たまりができるということが少なくなり、安全性が高まります。

透水性舗装の特徴

 

 

透水性舗装とは文字通り、水の浸透性が高くそして乾きやすいという特徴があります。

 
これにより大雨の時でも道路に水たまりができるようなことを防ぎ、ハイドロプレーニング現象など、最悪自動車の制御が効かなくなる現象を避ける事が可能になります。

 
また、水が乾きやすいため雨天時の夜間でも比較的光の乱反射が抑えられ、視認性が良くなります。

 
加えて、自動車の雨天時におけるブレーキ性能も乾いた路面に比べると若干劣りますが、通常のアスファルトよりも高くなっています。

 
現在ではコストの面などで若干の問題があり、アスファルトに比べ割高になってしまうので、使用されている道路区間は一部になっています。

 
またその多くは歩行者用道路に使用されており、一般道路での使用はまだまだ実験段階の状態です。

 
また、透水性のため、その下の地盤が削られやすくなることから、一般の道路に使用するには強度の面においてもやや不安な点が残ります。

 
このような水を吸収したり、水はけを良くするための技術は、自動車の道路環境を改善するためにはとても重要なことです。

 
今後ますます技術が発展し、簡単に生産できるようになればアスファルトに変わるそざいとして活躍すると考えられています。

排水性舗装と透水性舗装の違い

最近の道路にはいろいろ安全性を高めるような工夫が施されています。
舗装路面もその一つで、よく雨が降っていても水が溜まっていない道路を見かけることがあります。

 
実はこれは舗装路面上に水が溜まることによる危険性を防ぐために施されています。

 
ひとつは水しぶきです。前の車から飛んでくる水しぶきで視界が悪くなってしまいます。高速道路などで複数台前に走っているような場合はほとんど前が見えないような状況にもなります。しかし路面上に水が溜まっていないとほとんどこの水しぶきが飛んでこなくなり視界がかくほされるというものです。

 

 
もうひとつが水たまりができてしまうようなところを高速で走行した場合に起こるハイドロプレーニング現象というものです。これは水の上を滑って進んでしまうような現象でハンドル操作やブレーキが効かない状態になります。路面に水たまりがないとこのような現象を防ぐことができます。

 
このような舗装路を排水性舗装といいます。これは隙間ができるように大きな粒のアスファルトを施し水を浸透させて排水します。

 
また透水性舗装とおいう方法もあり、この透水性舗装は水を浸透させて排水するのではなくそのまま路床に浸透させるという方法のことをいいます。

水準点とは

 

 

主要な国道には必ず地点標が設置されていますが、1キロメートルごとに設置されているキロポストと、100メートルごとに設置されている100メートル標の2種類があります。知らない土地に行って事故に巻き込まれたり故障してしまった場合に、警察に通報する際の目安とすることが可能です。キロポストと100メートル標を知らせるとどの位置にいるのかが分かりますので、救援に向かう救急車両が素早く到達できるのです。一方で水準点とは基準点と呼ばれていて、水準測量の際に標高の基準とするためのものになります。国土地理院が設置した基準点は主要道路沿いに2km間隔で設置されていますが、事故などによって損傷しないようにマンホールや桝、ガードによって保護されているという特徴があります。基準点は道路沿いに設置されているとは言っても、地点標とは設置目的も利用方法も全く異なるものになります。基準点は管理する団体によって精度が異なりますが、国土地理院が設置・管理するものは1等から3等まであり、地方自治体が設置・管理するものには1級から4級までの種類があります。公共測量で高さを測定する場合には必ず基準点が使用されていますが、道路沿いにあっても道路のための施設ではなく測量業務に使用する物なのです。

地点標とは

 

 

地点標は、国道などの起点からの距離を示している標識のことで、路肩や歩道の脇などの車の交通の邪魔にならないような場所に設置されています。標識には、起点からの距離1kmごとに設置された「キロポスト」と、100mごとに設置された「100メートルポスト」の2種類があります。
標識の表示内容は、国道番号と起点からの距離の2種類のみを記したものが最も簡素な種類で、この他に起点のある場所の地名などもあわせて表示したものもあります。標識の下には、標識が立てられている場所を示した標識や、道路情報の連絡先が書かれた標識などが設置されていることもあります。
キロポストや100メートルポストは、道路管理者が道路の維持・管理をするために設置していますが、警察や消防などは現場の位置を確認するための手がかりとして利用しています。山道や海沿いなど、周囲に特に何も目印となるものが無い場所で車の事故や故障があった場合、警察や消防などに連絡しても現在地を正確に伝えるのは非常に困難です。しかし、近くに起点からの距離がわかるキロポストや100メートルポストがあれば、事故や故障の起きたおおよその位置を把握することができ、現場へ向かって迅速な対応をとることができます。

地点標と水準点の違い

 

 

地点標とは、国道に設置された標識のことで、1kmごとにあるキロポストと100mごとにある100m標の2種類があります。

 

表示されている内容はそれぞれ異なりますが、国道番号とその起点からの距離を表示している場合が多いです。

 

ほかにも、地名などを表示している場合も多いです。そういった面から、事故などが起こった際の目印としても利用出来たり、移動場所への時間を予測することにも利用出来ます。さらに特徴として、上りの場合には標識の数字が小さくなり、下りの場合には数字が大きくなるために、走行方向をチェックする場合にも活用することが出来ます。

 
一方の水準点は、地図などを作る際の高度測量の基準となるもので、国道に約2㎞おきに設置されています。これは主に、水準点が設置されている土地の変動を調べるときに便利なもので、地盤沈下や地震の予測などにも利用されています。また、水準点は長期間の設置が必要なため、なるべく堅固な地盤を選んで設置されています。別名ではベンチマークと呼ばれており、国土地理院が設けています。

 
このようにこの二つの標識の違いは、距離を表している標識と高度を表している標識という点の違いが特に大きいと言えるでしょう。

道路使用許可が必要な行為

 

 

公道は自動車、自転車、軽車両、歩行者の交通の場であり、許可なくしてそれを制限したり妨げたりすることはできません。しかしながら、公共事業、社会的なニーズ、ある種の営業行為などで個人・団体(業者等)が道路を使用するに至る場合があります。この場合、道路使用許可が必要になります。許可申請は管轄の警察署長に申請し審査を受けます(高速道路の場合は、高速道路交通警察隊長に申請)。使用許可が必要な行為としては、工事、作業、マラソン、祭礼行事、露店、ロケーションなどがあります(中でも公共事業に伴う工事が最も頻度が高いでしょう)。使用許可にあたっては申請手数料が必要になります。手数料は種別によって違い、管轄場所によっても若干異なりますが、2,000円~2,500円くらいです。また申請時には、位置図、工程表、う回経路図、道路使用の計画書など添付書類が必要になります。
営業行為であってもビラ配りなどは許可がいらない場合が多いです。但し、交通に支障をきたすと判断された場合は必要となる場合があります。
類似するものとして道路占用許可があります。これはポスト、公衆電話所、広告塔、水道管など一定期間施設などを設ける時に道路管理者に対して許可を求めるものです。許可申請は、管轄の土木事業所(市役所)に申請します。申請にあたっては占用料が必要となりますが、物件によって占用料が異なります。

道路の定義

 

 

交通を取締まる法律の第2条第1項にて定義されている通常公道と言われている場所であるか、第2条第8項に定義される自動車等の車両を走らせる為に作られた場所、あるいは林道・農道・私道・公園・広場・河川敷等の事実上人自動車等が自由に通行出来る場所であるという事が出来ます。

例外として冒頭で述べた法律の第76条に定義されていますが工事やお祭り等の様に一般に禁止されていても公益となると考えられる場合又は社会的な慣習上、人や自動車等の通行に問題が無いと判断された場合は、第77条において使用許可を得られる場合がある事を覚えておいて下さい。

日本では法律で定められており、外国の様に楽器演奏等の催し物等の表現活動を行う場でも無く、何らかの工事あるいは作業をする為に作られた訳ではありません。

人が歩いたり自動車等が通行する為に作られていますから、特別な冒頭に挙げたような行為を行う場合には予め道路使用許可の為に申請を、管轄の警察署長に提出しなければならないのです。

 

それでは使用許可が必要な行為を纏めておきますと、工事や作業を行おうとする行為・広告板やアーチ等の工作物を設置しようとする行為・屋台等を出そうとする行為・イベント等を行おうとする行為等には、予め使用許可の申請が必要となります。