道路に関する基本の知識

 

 

af9920062435l車を運転するドライバーにとって一番大切なこ

 

とは安全運転です。安全運転は自分の身を守

 

るだけでなく、歩行者や軽車両、他のドライバ

 

ー、建造物などあらゆるものを守ることに繋がり

 

ます。安全運転はドライバーが交通法規を守りき決められた運転基準を遵守する

 

ことで実現しますが、その安全運転を補助するために道路標識というものがありま

 

す。これはどういったものかと言うと読んで字の如く、利用者に対して地理の案内

 

や警告、規制などの情報をお知らせする最も基本的なもの指します。

 

 

 

この標識は、大きく分けて案内標識、警戒標識、規制標識、指示標識の4種類があります。また、補助標識は本標識の意味を補足するため設置されます。これらの標識の順に説明すると案内標識は目的地、通過地の方向や距離、位置を示す、警戒標識はその標識付近ではより警戒を必要とする、規制標識は禁止、制限を伝える、指示標識は通向上必要な指示を伝える、という内容です。細かい説明は省きますが、これらの標識の策定には国土交通省をはじめ都道府県、市町村の複数期間の管理者らが幅広く関わっており如何に安全運転の遂行が必要で、かつ重要であるかということを物語っています。全てをいきなり把握するのは難しいのでまずは身近な案内標識から理解を深めることをお勧めします。